温泉

穂高荘・山のホテルの混浴露天風呂の感想!客室の様子や食事の一押しメニューも紹介!

更新日:

こんにちは、温泉大好き ぴよこです。

遊びに出かけるときは基本的に温泉があるか?というところからはじまり、好きな言葉は源泉かけ流し、新元号は「温泉」を希望するような温泉好きです 。

寒い季節は体がガチガチなったり、肩もコリコリになったりでいろんなところがキシキシ言っているように感じられます。

そこで、少しでもリラックスするために 奥飛騨温泉郷 新穂高温泉にある「穂高荘山のホテル」に2泊3日の連泊というのんびり旅に行ってきました。

そこで 自分ものんびり、ゆっくりしたい!という方のために記事を書きました。

今回は 穂高荘山のホテル の

  • 宿や部屋の様子
  • 露天風呂の感想
  • 食事の一押し

などをお話しします。

実際に行って感じたことなので、ぜひ宿選びの参考にしていただけたらと思います。

新穂高温泉の場所とアクセス

「穂高荘山のホテル」は奥飛騨温泉郷の中のひとつで、一番奥の新穂高温泉にあり、とても山深いところです。

宿と宿が離れて建っていることが多く、とても静かなところです。

  • 車の場合は 名古屋方面からは東海北陸自動車道飛騨清美ICから中部縦貫自動車道に入り高山ICを下りて国道158号線を走ります。高山から1時間強で到着です。
  • 電車の場合はJR高山本線高山駅で下車し駅前のバスセンターから新穂高線のバスに乗り1時間半ほどで到着です。「山のホテル前」というバス停で下車

いつもは車で行くのですが、初めてJRのワイドビュー飛騨に乗っていくことにしました。 当日は土曜の朝ということもあり ほぼ満席の様子。

いつも車から見ている景色を電車やバスから見るだけで雰囲気が変わって見えるのが面白いし、運転していると気づかなかったものが発見できたりして楽しかったです。
それに途中の美濃太田駅で長良川鉄道のワンコ駅長を見ることができました。

ただ、電車やバスの本数が少ないので移動は時間管理との戦い、みたいな部分もあります。乗っている時間も長いのでけっこう腰にきます。

私のおすすめするのは車ですが、冬季は雪の積もった山道を運転しなければならず、崖に面した部分もあります。慣れていないと相当の緊張を強いられます。そんな方は電車のほうが旅を楽しめると思います。

穂高荘山のホテルとはどんなホテル? 客室の雰囲気は?

バスで1時間半、固まった筋肉を伸ばしながらバスを下車。バス停の名前が「山のホテル前」 というだけあって バスを降りたらホテルは目の前です。

外観は私のイメージではスイスの山小屋風(行ったことないけど)。

ロビーはブラウンでまとめられた内装でとても落ち着きます。

上高地にありそうな建物です。

和風旅館が好きだけどこういうのもいいなと思いました。

客室

泊まった部屋は洋室でした。家具などのレイアウトは普通のホテルと同じでしたが、クローゼットや棚などに木が使われていてドアも木製でした。

廊下の灯りはランプのような形でオレンジ色の光が並んできれいでした。

全体的に外観のイメージに合わせて作られていました。

東館の和室からは槍ヶ岳を見ることができるようです。廊下にあるホールの大きな窓からも見ることができました。朝日があたった山頂はとても神々しいものでした。

ホテル内の施設

ここには夏季限定ですがプールもあります。

温泉でゆっくりしたいお父さんお母さん、プールで遊びたい子供たち両方が満足できていいかも。

他には 暖炉のあるファイヤーラウンジがあります。照明が暗めになっていて、火がゆらゆら揺れるのを見てゆったりできます。

お土産の売店もありますよ。

混浴露天風呂からの絶景とケーブルカー

さあ!メインイベントお風呂です。

露天風呂付き男女別大浴場はありますが、やっぱりここの一番は槍ヶ岳の見える混浴大露天風呂。

建物を出て道路を渡り小さなケーブルカーにのって坂を下り川沿いの露天風呂へ。遠いので冬場は浴衣の上に部屋にある袖なしのちゃんちゃんこみたいなのと綿のはいったどてら(?)の両方着ていったほうがいいです。

ケーブルカー乗り場にはこんな駅名看板がありました。

結構揺れます。(笑)

さて 、見出しにもありますが、この露天風呂 混浴なんです。

しかし 安心してください。ホテルでは湯あみ着を貸出ししています。

女性のみ 300円です。湯あみ着をお持ちならば持ち込みOKです。(ホテルの方に確認しました)

それでも抵抗のある方は隣に女性専用露天風呂もあります。(女性専用とはいえ結構広かったです)

で、私はもちろん大露天風呂へ。

お風呂は岩で作られていて、本当に広いです。

露天風呂の前は川、その向こうに山。遠くに槍ヶ岳(いつも誰かが入っていたため写真が撮れませんでした) 3日間とも山はとてもきれいに見えました。

お湯の中は岩でいくつかに仕切られています。そこを乗り越えるのが結構たいへんでした。

どこかに岩が途切れて通路が作られているかもしれませんが、本来ずぼらな私は探さず乗り越えていました。見えにくいのでぶつかったりつまずかないよう気を付けてください。

場所によって深さや湯の温度が違いますので自分の好きな深さ、温度を探してウロウロするのも楽しいですよ。

大露天風呂にはシャワーなど洗い場はありません。男女別の浴場にはシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーがおいてあります。ここにも露天風呂はありました。女性の脱衣所には化粧水や綿棒などもおいてありうれしいサービスでした。

食事のメニューとおすすめ料理

今回はJR、バス、宿、のお得なセットプランでしたが、食事はとても満足のいくものでした。

食事は南館のお食事処で和食です。

食前酒や前菜盛り合わせ、茶わん蒸しなど定番のメニューのほか、お肉とお魚も。

お肉は 飛騨牛ではありませんでしたが国産和牛です。十分柔らかくおいしかったです。

連泊なので1日目は しゃぶしゃぶ、2日目はステーキと違う調理で味わえましたし、お魚は1日目はお刺身、2日目はイワナの炭火焼と変化があってよかったです。もちろん他のお料理も違うものが食べられました。

山の中でお刺身?と思う方もいらっしゃるかも。

ですが今は流通や保存方法が発達していますし高山は富山にとても近く日本海の魚がたくさん入ってきます。市街地にはおいしいお寿司屋さんもけっこうあります。高山は肉も魚もおいしい所だと思います。

私のおすすめはテーブルの上で小さな釜で炊く釜飯です。具は1日目はきのこ、2日目はカニ、とこちらも変化がありました。おこげができていてその香ばしい香りが食欲をそそります。

朝食も1日目と2日目ではメニューが違っていました。でも私は朴葉味噌が大好きなので1日目だけではなく2日目も出してほしかった・・・

まとめ

今回は 穂高荘山の混浴露天風呂の様子やおすすめ料理に ついてお話しました。

3日間お世話になっての感想ですが、特に不満に思うことはなかったです。とてもいいお宿でした。スタッフの対応も丁寧で気持ち良かったです。

混浴に女性もたくさん入っているので混浴デビューにはちょうどいいと思います。

ぜひ皆さんも一度 混浴体験をしに 穂高荘山のホテル へどうぞ。

-温泉

Copyright© ぴよこのまったり温泉入湯記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.