速報

サンウルブズのスーパーラグビー除外の理由はなぜ?除外後はどうなるのかも調査!

投稿日:

スーパーラグビーに参戦している日本のチーム、サンウルブズが、リーグから除外されるということがわかりました。

サンウルブズは日本代表の強化を目的にチームが作られ2016年からスーパーラグビーに参戦してきました。

この記事ではサンウルブズの

  • 除外の理由と時期
  • 除外後はどうなるのか

を記事にしました。

サンウルブズのスーパーラグビー除外の理由は?いつから除外されるのか?

日本ラグビー協会やチームの運営団体は、2021年以降も継続して参戦するかどうかリーグの主催団体と協議してきましたが、今回除外が決定しました。

除外の時期は、サンウルブズのスーパーラグビーとの契約は2020年までで、契約が切れる2021年から除外されるとのことです。

除外の理由について調べたところ、いくつかの理由がわかりました。

スーパーラグビーは現在15チームを3つのカンファレンスに分け、各地を転戦しながら試合を行っています。

しかし、この方式が不評のため、14チームによる総当たり方式に変更するようです。

サンウルブズは、方式の変更に伴うチーム数減少の対象になりました。

これはサンウルブズとのアウェーゲームのたびに東京かシンガポールへ移動しなくてはならない南米のチームから、サンウルブズ継続に難色を示す声が多く上がってたことも理由のようです。

ほかにも、リーグの主催団体が日本の協会やチームに求めた出資金について折り合いがつかなかったという話もでています。

この出資金はサンウルブズだけが求められているとのことで、これに日本側が納得がいかないため反対していました。

また、サンウルブをズスーパーラグビーに参戦させたのは、アジアでのラグビーの普及も目的でした。

そのため、参加国は財政面でもサンウルブズを支援してきましたが、期待したように収入やスポンサーも増えませんでした。

このようなことから、リーグの運営団体はサンウルブズを除外する決定をしたようです。

サンウルブズのスーパーラグビー除外後はどうなるのか?

日本ラグビー協会はスーパーラグビー除外後について、国際統括団体が開催を目指している新たな国際大会に参加する検討をしているとのこと。

しかし、この大会が実現するかどうかの見通はが立っていません。

サンウルブズがスーパーラグビーから除外されたあとの日本代表の強化をどうするのか、具体的なことはまだ決まっていません。

今年2019年には、ラグビーワールドカップが日本で開催されるというのに、日本のラグビーはまだまだ前途多難のようです。

まとめ

今回はサンウルブズのスーパーラグビー 除外の理由と今後について記事にしました。

ワールドカップ前で選手の方たちの気持ちを思うと、とても心配です。

今後についてはまだ何も決まっていないようなので、これからの発表も見ていきたいです。

-速報

Copyright© ぴよこのまったり温泉入湯記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.