速報

【スタバ】リザーブロースタリー東京は何が違う?限定メニューやグッズと店内の様子も!

更新日:

みなさんこんにちは。

2月28日にスターバックスの新店舗 、スターバックスリザーブロースタリー 東京 が東京の中目黒にオープンいたしました。

毎日利用されているスターバックスファンの方も多いと思います。

そこで今回はスターバックスリザーブロースタリー東京の

  • どんな店なのか、既存店との違い
  • 店内の様子
  • メニューと値段
  • 限定のグッズ

など調べてみました。

【スタバ】リザーブロースタリー東京とは?既存店との違いは?

スターバックスリザーブロースタリーとはスターバックスの体験型高級店と表されています。

スターバックスリザーブロースタリー東京は世界ではシアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに次いで5店舗目、日本初になります。

世界で5店舗目、国では4か国目ということで、日本でのスタバ人気がよくわかりますね。

販売されるコーヒーは、希少なコーヒー豆をそれぞれに合った方法で丁寧に焙煎していて、同じ焙煎をすることはないそうです。

【スタバ】リザーブロースタリー東京の店内の様子は?

店舗建物は隈研吾さんのデザインです。

隈研吾さんがデザインした建物は日本だけでなくフランスやイギリスなど海外にも多くあります。

現在建築中の、新国立競技場にも携わっています。

外観は杉を使用していて明るい色に統一されています。

縁側を意識して作られたテラス席も用意されていて、川の流れや、春は桜を見ながらコーヒーやアルコールを楽しめるようになっています。

都会の中でも自然を楽しめるようになっていて、とてもリラックスできそうでいいですね!

店内に入ると、建物の4階まで突き抜けた高さ17mのキャスクが目を引きます。

キャスクとは店内で焙煎したコーヒー豆を貯蔵するタンクです。

こんなに大きなタンクが必要なんて、みんなスタバが大好きなんですね!

ほかにも色々なマシンやパイプが目につき、産業革命時代の工場のように思えます。

インテリアは世界中のロースタリーのデザインを指揮しているスターバックス社員のリズ・ミューラーさんによるものです。

天井のデザインは折り紙をモチーフにしていたり、キャスクは目黒川と桜並木をイメージしたデザインになっていて、日本を意識した店内になっています。

画像を見ると、とてもきれいで近くでよく見てみたいなと思いました。

【スタバ】リザーブロースタリー東京のメニューは?

スターバックスリザーブロースタリー東京ではコーヒーメニューのほかに日本茶・中国茶・紅茶などの茶葉を使ったメニューや、それらを使ったアルコールも楽しめます。

ほかにはアイスクリームやホットチョコレートなどもあります。

限定メニューばかりですが、コーヒーメニューで私がぜ飲んでみたいのは、ロースタリー フライトです。
産地の違う3種類のコーヒーの味や香りの違いを飲み比べることができます。

五種類の抽出器具から選ぶことができ、値段は2000円からとなっています。

また、ここには イタリアのベーカリーの「PRINCI(プリンチ)」 もあり、店内で作られた焼きたてのパンを味わうこともできます。

おいしいコーヒーと焼き立てパンは最高の組み合わせですよね!

毎日こんな朝食がたべたいです。

【スタバ】リザーブロースタリー東京のおすすめ限定グッズは?

スターバックスリザーブロースタリー東京限定のグッズには、マグカップやタンブラーなどの定番のものや、ケトルや自転車などがあります。

中でも私が一番気になっているのが バルミューダとコラボした電気ケトルです。

私にはバルミューダの製品は定番の落ちついた色、というイメージがあったのですが、この製品はゴールドに塗装されていてちょと驚きました。

しかしデザインのせいか派手派手しさはなく、おしゃれなものになっています。

まとめ

今回はスターバックスリザーブロースタリー東京の店やメニューなどについて調べました。

地方に住んでいるとはなかなか行くことはできませんが、調べていくとますます行ってみたいと思わせるメニューやグッズがあり、店もおしゃれな雰囲気で期待が大きくなります。

ぜひ桜の季節にテラス席でコーヒーを飲んでみたいですね。

-速報

Copyright© ぴよこのまったり温泉入湯記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.