速報

2020年007の最新ボンドカーのかっこいい装備や性能は?販売予定と値段に評判も調査!

更新日:

2020年に公開予定の007最新作「ボンド25(仮題)」の、ボンドカーの情報が発表されました。

ボンド映画ファンでボンドカーに興味のない人は皆無なのでは?と思うぐらい毎回話題になりますね。

そこでこの記事では最新ボンドカーの

  • 新装備や性能
  • 販売予定と値段
  • 最新ボンドカーの評判

をお話します。

最新ボンドカー ラピードEの新装備や性能は?

ボンドカーといえばアストンマーチン!ですよね。

一時期、他メーカーの車をメインとしていた不遇の時代もありましたが、最近の作品はアストンマーチンをメインに使用しています。

次回作のボンドカーは「アストンマーチン ラピードE」と発表されました。

名前に「E」と付く、ということは・・・

そう、今回のボンドカーは電気自動車なんです!

以前から危惧していましたが、とうとうやってきてしまいました。

エンジン音の響かないカーチェイスなんて、どうなるんだろう?

これも時代なんでしょうね。でもやっぱり悲しいです。

ラピードEの性能とボンドカーの装備は?

バッテリーにはリチウムイオン電池が使されていて、バッテリー容量は65kWhです。

思ったほど大きくはありませんでしたが、航続距離は320㎞ほどになります。

800Vの急速充電に対応していて、15分でバッテリー容量の80%を充電で来るそうです。

この充電時間であれば、長距離ドライブも行けそうですね。

0-100km/hは4.0秒未満、最高速度は250km/hを目標に開発されています。

最高出力610ps、最大トルク950NmはV12エンジンより高いスペックです。

電気自動車も力強くなりましたね。

映画ではラピードEに武器や特殊装備が搭載される予定です。

しかし、今のところどんな装備になるのかは発表されていません。

ただ、コンピューター過多と言われないか心配するほどのハイテク装備がなされるとのこと。

スマホで運転やミサイルなど、いつも新しく、また突飛な装備が搭載されるのでこれからの情報がすごくたのしみです!

最新ボンドカーの販売予定や値段を調査!

ラピードEは155台の限定生産になります。

今年の終わりごろに市販される予定です。

値段は約25万ポンド(約3700万円)となります。 

予約開始時期は公表されていませんが、7月になるとのうわさがあるようです。

3700万円も出せるなら、エンジンのあるモデルが欲しい私です!

最新ボンドカーの評判は?

ラピードEの情報自体があまりなく、ボンドカーとしてどうか?という一般の評判もまだ見つかりませんでした。

次回作の監督の日系米国人のキャリー・フクナガ氏はとても熱心に環境保護活動に取り組まれているため、電気自動車を選んだようです。

電気自動車を映画に起用するために、監督自らアストンマーティンと直接やり取りしたそうです。

ボンド役のダニエル・クレイグ氏ら出演者も賛同しているとのこと。

ボンドカーとしては車自体だけでなく、映画での装備によっても評価がかわってきます。

装備の発表が待ちきれないですね。

私としては、エンジン音のしないカーチェイスがファンにどう受け止められるのか気になります。

まとめ

今回は007次回作のボンドカーラピードEについて記事にしました。

初の電気自動車ということで、期待だけでなく不安も大きくなっています。

ボンド映画に強いこだわりを持っている方は大勢いらっしゃるはず。

この作品の評価で、これからのアクション映画で使用される車の方向性が決まるかもしれません。

映画公開が待ちきれません!

-速報

Copyright© ぴよこのまったり温泉入湯記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.